経結膜脱脂法+脱脂分注入

ここでは経結膜脱脂法+脱脂分注入についてご説明いたします。なぜ経結膜脱脂法のみではなく「+脱脂分注入」があるのかについてご理解いただくとともに、この治療方法の位置づけを知っていただければと思います。また、一見、同じ治療方法であっても医療機関ごとに手技やテクニックおよび術後の結果は違いますので症状にあった説明をお受けになることが大切です。

この治療方法は経結膜脱脂法(下まぶたの裏からふくらみを取り除く)を行うことによって目の下のふくらみを適量取り除くとともに、そのときに取れた脂肪(眼窩脂肪)を適切な場所へ注入します。

《一般的な特徴》

  • 経結膜脱脂法によって得られる形にあと少し良くする治療方法です。
  • 直後から1週間くらいまでの経過は経結膜脱脂法とほとんどかわりません。
  • 脱脂分注入では頬を持ち上げるほどの形は作れません。

我々の考え 適応について

経結膜脱脂法を行う際に最も気をつけることは、クマの内側のハの字が強調されないように手術を行うことです。しかし、症状によっては膨らみを少し減らしただけでもハの字が強調されることがあります。

そこを少しでも良く見せようというときに、脱脂で取り出した脂肪(眼窩脂肪)を加工して主にハの字の部分に注入します。実際には、注入で行う場合と下まぶたの裏から直接配置する場合があります(遊離組織移植)。

かなり膨らみの強い方の場合、いい按配で経結膜脱脂法を行ってもそこそこの量の脂肪(眼窩脂肪)が採取できることがあり、それを同様にいい場所に注入すると、より綺麗に見えます。(それでも別の場所から脂肪を採取して注射するほどは量は採れません。)

脱脂分注入の効果は(微細分離)脂肪注入の効果にはなり得ません。
(微細分離)脂肪注入の方が圧倒的な立体感を作れます。
が、(微細分離)脂肪注入は大変高度な注入技術が必要になります。

普段は、話合いの上で、経結膜脱脂法の特徴を知っていただいた上で、それだけでもある程度ご満足いただけそうな方のみに、もう少しより良くしたい場合に行うことが多いと思います。したがって脱脂だけではほとんど良くならないけれども脱脂分注入をすればよくなるということはないと思いますので、我々の場合はそのような提案は基本的にはしておりません。

脱脂分注入の脂肪の量は決して多くないため定着が悪かった場合に「凹み」や「ハの字の強調」や「色調の変化(暗くなる)」などが気になると困るからです。

そのような方にはむしろ経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法)をお勧めすることが多いと思います。

「経結膜脱脂法+脱脂分注入」と「経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法)」の比較

経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法)のページでも書いておりますが、眼窩脂肪を利用した下眼瞼形成術には 「経結膜脱脂法+脱脂分注入」と「経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法)」があります。

いくつかの違いがありますので少しご紹介させていただきます。

 

一つ目の違いは眼窩脂肪の残り方の差です。経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法、裏ハムラ法)の場合は脂肪の血流が保たれたまま移動するので残る確率はほぼ100%ですが、経結膜脱脂+脱脂分注入はそうではないためおおよそ30~50%くらいと私は考えております。

二つ目の違いは作られる形の差です。経結膜的眼窩脂肪移動術とくらべて経結膜脱脂+脱脂分注入は初めの状態から引き算をする部分が多いです。ふくらみを移動するよりも、むしろそのほうが目元に対する光の当たり方が均一になり綺麗に見えることがあります。

三つ目の違いは色の変化の違いです。個々の症状によりますが経結膜的眼窩脂肪移動術はその他のふくらみを取る操作を加える治療(脱脂、脱脂+〇〇)に比べて色に対しては最もよいことが多いです。

形による症状と色による症状を総合的に判断して治療の優先順位をご提案することが大切だと考えております。

経結膜脱脂法+脱脂分注入のあり得るリスク・副作用・合併症

  • 感染
  • 腫れ
  • 結膜の充血
  • ダウンタイム中の出血(まれにフレッシュな出血が起こることがあります。目から出血しているように見えると思います。)
  • 血腫(内出血の強いもの)→内出血後の色素沈着が長引く可能性
  • 目元が窪んで見える可能性
  • シワが増える可能性
  • クマの「色」が濃く見える可能性
  • 目の下の膨らみが残っていると感じる可能性
  • 上まぶたが窪む可能性
  • 目が窪む可能性
  • 目が小さくなったと感じる可能性
  • 左右対称にならない可能性(全くの左右対称はほとんどありません)
  • 涙袋が出てくるとその下の影が気になる可能性
  • 涙袋が出てこない可能性
  • 涙袋が微妙に変化して見える可能性
  • もとに戻せないこと
  • 注入した脂肪がシコリになる可能性
  • 微妙な凹凸感が気になる可能性
  • 脂肪注入の針穴の跡が残る可能性
  • 笑ったときに膨らみが目立つ可能性
  • 結膜のむくみが長引く可能性
  • CRPS(複合性局所疼痛症候群):行った処置の程度に対して説明がつかないような大きな痛みが出る可能性
  • 痛みどめなど内服薬のアレルギー反応
  • その他想定しうる範囲のことを超える体の反応があり得ること

施術についての一般事項

我々が行う経結膜脱脂法+脱脂分注入の一般事項を書いておきます。

麻酔局所麻酔(希望により緊張をとる点滴可)
施術時間60分程度(脂肪の加工をする時間を含みます)
腫れ2日~6日程度(個人差があります)
抜糸不要
入院不要
通院基本的には不要
(経過を診せて頂けるとありがたいです)
メイク翌日から可能
シャワーできれば翌日から
(当日でも可)
洗髪できれば翌日から
(当日でも可)
相談日に治療可能