目の下の皮下に脂肪注入?

(*このページには手術中の写真が出てきます。)

目の下のクマやたるみの改善をする目的で目の下に脂肪注入を行うことはよくあると思います。

目の下の脂肪注入は凸凹にならないように注入するため極めて慎重に注入をする必要があります。

また、その注入をする場所が浅い場所であればあるほど凸凹になりやすいためさらに慎重に注入しないといけません。

クマを改善する目的で注入をする場合、どうしても浅いところにも脂肪を注入しないと改善できないことがあります。

それではどれほどの深さ(浅さ)に脂肪を注入するのでしょうか。

それを理解するためには目の下の皮膚表面からの「構造」とその「厚み」を知る必要があります。

目の下の皮膚表面からの構造について

目の下の皮膚表面からの構造は左の図のようになっています。

一番表に皮膚がありそのすぐ裏に眼輪筋という筋肉が張り付いています。そのさらに後ろに目の下の膨らみをつくる眼窩脂肪があります。

皮膚と眼輪筋の間を皮下と呼んでいます。

皮下は例えば腕などであれば皮下組織が明らかに存在しますが、目の下に限ってはほとんど存在しないので皮膚と眼輪筋の間を概念的に皮下と言います。

目の下の皮膚の厚みについて

上の写真は目の下のたるみを切開によって治療をしている手術中の写真です。

皮膚のすぐ下の「皮下」を剥離し、はさみを入れている状態です。

目の下の皮膚はとても薄いためはさみが透けて見えます。

肉眼では実際に色も形もくっきり透けて見えます。

目の下の皮膚の厚みは1mm以下で眼輪筋の厚みが1mm~2mm程度です。皮下の厚みはほぼ0mmです。

まぶたを触って「まぶたが厚いですね。」ということがありますが、「まぶたの厚み」=「まぶたの皮膚の厚み」ではありません。

「瞼の厚み」≒「瞼の筋肉の厚み」であることが多いです。

目の下の「皮下」に脂肪を注入することは可能なのでしょうか?

目の下の「皮下」に脂肪注入をお受けになられたことがある方を実際に拝見したことがあります。

米粒のような形をした黄色、白色の小さな盛り上がりがあり、注入した脂肪がすけている状態でした。

目の下の「皮下」に脂肪をなだらかになるように注入することができるのかを検証するために、解剖学共同研究チームに入れていただき、複数のご献体で目の下の皮下を確認させていただきました。

その経験からは、現段階では目の下の「皮下」に脂肪を注入することは可能ですが、針の色も形もはっきりと透けるほどの浅さであるため、均一になだらかに注入することはほとんど不可能なのではないかと考えております。(ちなみに眼輪筋下の注入でも多少針は透けます。)

 

ときどき目の下の「皮下」に脂肪注入を行うと聞くことがありますが、それは神様レベルの超々難関な処置をしているということになります。普通の人ではまず不可能な処置であると思った方がよろしいと思います。

皮下と眼輪筋の下を混同した情報もあると思いますが、その場合は正確な解剖を把握せずに治療が行われていることが考えられますので注意が必要です。

(実際には興味があればカウンセリングのときにじっくり聞かれるとよいと思います。医療を提供する側からすると相当明確な根拠が必要ですが。)

皮下への脂肪注入でクマが消える?

当院では目の下の脂肪注入はどんなに浅く入れても眼輪筋内または眼輪筋下までにしております。

上記症例は紫色に見えるクマの方です。

目の下の膨らみを減らすと同時に眼輪筋の下に脂肪を注入しております。

皮下に脂肪を注入していないにも関わらず紫色のクマが改善傾向にあります。

上記の方は目の下の膨らみの影に紫色を伴ったクマの方です。

経結膜的眼窩脂肪移動術(裏ハムラ法)+当院内部処理を行っております。

影および紫色のクマも改善傾向にあります。

したがってクマのあるエリアに脂肪は注入していません。

 

ここからわかることは紫色のクマの改善のポイントが必ずしも皮下にあるとは言えないということです。

皮下に脂肪を注入することはクマの改善に意味がありますが、皮下でなければならない理由は明確には分かっていません。

理屈上、眼輪筋が透けないようにするということはありますが、眼窩脂肪移動術で改善する場合の説明がそれではつきません。

紫色のクマを改善することは極めて難しいのですがさまざまな要因およびリスクを考慮して治療を行う必要がります。

 

当院では目の下の脂肪注入はほとんどの場合、眼輪筋内または眼輪筋下までにしております。