ごあいさつ

目の下のクマ・たるみ治療検討お役立ちブログをごらんいただきありがとうございます。

 

私が目の下のクマやたるみの診療に携わって10年以上が過ぎました。
これまで手術を中心として目元の治療を行ってまいりました。

 

よりよい医療をしたいと思ううちにどうしても理解していただいておかないとすれ違いが生じてしまうことなどを経験し、それであれば何かあらかじめお伝えできることはないかと思うようになったのがこのブログを書くきっかけです。

 

美容外科の世界で何か専門性を語るのに高々10数年、目元の手術1500症例という数はそれほど多くはありませんがそれでも日々の診療の中で気付いたことなど少しでも目の下のクマ・たるみに悩まれている方が治療を検討する上でお役にたてる部分があるのではないかと思いました。

 

もう一つは治療方法の多さおよびその情報量の多さから先入観をもって受診される方が多く、それを一から払拭してフラットにお伝えすることにとても時間がかかってしまうため、であればあらかじめ自分なりの考えをお伝えしておけばいいのではと思い書かせていただいております。

現在の治療方針およびそこに至るまでの経緯

私が最初に出会った患者様は大学病院に受診されたご年配の男性でした。非常に重度のたるみで今思えば皮膚、筋肉、脂肪のどれも相当にたるんでいました。

 

少し難しい話になりますがそのとき行われた治療方法は目の下の膨らみを作っている脂肪を適度に切除し、筋肉をピンと張ってあまった皮膚を取り除くという方法(眼窩脂肪部分切除+眼輪筋吊り上げ+皮膚切除)でした。

 

 その後手術経験を重ねるうちに、たるみの強い方には皮膚切開(ハムラ法=皮膚を切開してたるみをとると同時に膨らみを良い位置に移動する)がとてもよく、膨らみがつよく皮膚の緩みがそれほどない比較的若い方には下まぶたの裏から膨らみをとる脱脂術がよいと思って治療していた時期があります。

 

どちらの手術方法も優れた治療方法で現在もよく行っていますがそれだけではまったく解決できない、あるいは悪化してしまう、あるいはメリットよりデメリットが上回ってしまうなどの症例にも多々出会うようになりました。

 

ここからが医師としての分かれ道になります。

今を最高とするのかそれともより良いものを探すのか。

その後、最も美しい形になる施術法はどれかなどと考えながら皮膚を切開しないハムラ法(経結膜的ハムラ法=裏ハムラ法=経結膜的眼窩脂肪移動術)や脱脂術(目の下のふくらみをまぶたの裏から取り除く方法)に脂肪注入を併用する方法やその他の方法を多数経験しました。

 

そうして日々診療をしていますとそこまでの美しさを望んでいないという方にも出会うようになりました。一つのすばらしい治療方法で全ての方の満足を満たせればよいのですがそれは不可能であることを診療の中で実感し現在は必要があっていくつかの治療方法を使い分けています。

 

つまり一人一人の状態と望んでいることを詳しく聞くことで理想に近い結果を効率的に導き出すことがよいのではないかと考えております。

 

治療を検討されている方は各施術方法のメリット・デメリットを踏まえた特徴を聞かれ、ご自身の価値観にあったよい治療法を選択することが大切だと思います。

なぜご相談にこられる方が先入観を持って来られるのでしょうか

目の下のクマ・タルミでお困りの方が治療について主にインターネットを利用して調べるとある現状に直面します。

 

ひとつはクマという言葉の原因説明が根拠のあることからないことまで色々書かれているということです。医学的なことから迷信まで様々です。

 

もう一つはどの治療方法が最も優れているかという説明(議論)が多いことです。

 

そしてその情報を読んでいるうちに最も優れた手術方法で治療を受けることが最善だと思うようになります。

これは自然なことだと思います。

 

しかしこの議論には少し違和感を覚えます。

例えばお寿司屋さんで一番おいしいネタはどれかという議論に似ています。

ある寿司職人はうちの中トロに決まっていると言い、別の寿司職人はうちのイカに決まっていると言います(実際には言わないと思いますけど)。

 

その説明として確かに中トロは美味しいが脂が乗っている点において健康的でないためうちのイカがいいのだと言っているようなものです。選ぶ方が何を望んでいるか。

好みの味と料金、通いやすさや量など色々な要素がある訳です。

 

その方が本当に望んでいるものを提供できることが最も良いのだと思っております。

 

どの治療方法が最もよいかという議論は治療を受けたたくさんの人にきいてみて、より多くの方が満足している治療方法が優れていると決めようとしているのかも知れません。

 

全体としてはそうだとしても人それぞれ症状や求めるものが違うため、個人個人にはその指標はあまり意味がありません。

 

当然、美しい目元を実現できる技術があることは大前提ですが、どの治療方法も優れた良さがあり、それぞれの目指している特徴があります。

それらのメリットデメリットを照らし合わせて望んでいるものにより近いものを提供していくことが満足度に直結すると考えております。

 

ですのでこのブログではこの治療方法が最も良いですよという内容にはなっておりません。

また手術のこまかなテクニックなどは書いておりません。

 

目元の治療には症状だけでも様々な注意すべきポイントがありそれにあわせた治療方法があるのだなということをご理解していただければと思っております。

 

最後に

最後に、このブログの趣旨は「目の下のくま・たるみ治療を検討されている方の役に立つブログ」として書かせていただいております。

 

役に立つと思ったことを積極的に書いておりますので時に自分自身の反省や失礼ながら自分自身が経験した合併症症例などもご紹介させていただいております。

 

ブログにご紹介させていただいておりますモニター様に心より感謝申し上げます。

 

このブログが目元のクマやたるみでお悩み中の方のお役に立てれば幸いです。