クリニック移転のお知らせ

2017年11月11日にあびこ駅前クリニックは東京都内へ移転いたしました。
移転に伴いクリニック名をプラストクリニックへと変更となりました。
ご不便をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。

目の下の膨らみとたるみの違いについて

目の下のクマやたるみが気になる方の中で「膨らみ」なのか「たるみ」なのかが分からないという方がいらっしゃいます。

「たるみ」だとすると年をとったから出てきたのかなぁと考えられているようです。

ここで「膨らみ」と「たるみ」についてあらためてお伝えしたいと思います。

目の下の膨らみとは

「目の下の膨らみ」は目の下が膨らんでいれば「膨らみ」というのですが、主には眼球の周りを包んでいる眼窩脂肪という脂肪の突出によって起こっています。膨らんでいる方は幼少期の頃から膨らんでいる方もいれば20代くらいまではそんなに目立っていなかった方が30代くらいになって徐々に出てきたということもあります。それが50代から出てくるということもありますし、気になった時に初めて気づくということもあります。

目の下のたるみとは

目の下のたるみは表面の皮膚と表情をつくる薄い筋肉(眼輪筋)のゆるみからおこります。ご年齢を重ねるうちにこの皮膚と筋肉のゆるみのみが起こることもあれば、それに加えて眼窩脂肪の膨らみも出てくるということもあります。

ですので「目の下の膨らみ」と「目の下のたるみ」は同時に起こることは珍しくありません。

ただ、30代前半くらいまでは主に膨らみだと考えてよいと思います。

症状を改善したい場合はこの膨らみの要素とたるみの要素を考慮して治療を行う必要があります。

目の下の膨らみの治療について

目の下の膨らみが気になる場合に最も効果的で体の負担が少ない治療方法の一つに経結膜脱脂法があります。

経結膜脱脂法は下まぶたの裏から膨らみをつくっている眼窩脂肪をバランスよく減らす手術になります。

皮膚を切開する必要がないためとても画期的な方法です。

ただし、膨らみが気になる場合にはどんな方にでも経結膜脱脂法を行えばよいかというとそういう訳にはいきません。

経結膜脱脂法で膨らみが減るというメリットと引き換えに症状によってはデメリットもでてくることがあります。

その点をよく知ったうえで治療を選択される必要があります。