皮膚を切らずに重度のクマやたるみを治す方法 裏ハムラ法+当院内部処理

(術前・術後ともメイクなし)

≪症例の解説≫

目の下のクマ・たるみが気になるとのことでした。

拝見しますと目の下に大きな膨らみが目の内側から外側にかけてぶら下がっており、また茶色い色素が強く見えている状態でした。

目元の膨らみを減らす目的であれば、まぶたの裏から経結膜脱脂法を行えば減らすことができます。

ただし、膨らみを無い状態にすると頬がとても低いためかなり目元が窪んで見えると予想されました。

ご本人様と色々ご相談して経結膜的眼窩脂肪移動術(通称裏ハムラ法)+当院内部処理を行わせていただきました。

目元の広範囲にたるみが存在していましたので膨らみ(眼窩脂肪)の移動をおこなうための剥離(はくり)範囲もそれに合わせて行いました。

今回の治療は目元にある組織を最大限利用して皮膚を切開せずに下まぶたの裏から目元の形成を行う方法になります。

皮膚の切開は必要か

今回のような症状に対して皮膚を切開しておこなう目元のたるみ治療(たとえばハムラ法)などはほぼ必要ありません。

ハムラ法を行った場合には上記の結果に対してほんのあと少し皮膚に張りがでる程度です。

それと引き換えに涙袋の形が変わるか、涙袋が消失する可能性があります。

むしろ、目の下のたるみを取ると同時に涙袋も無くしたいですという場合にはいいかもしれません。

(それはそれで別の合併症のリスクをともないますが)

皮膚を切開するメリットがどれほどあるかということを天秤にかけて治療方法を選択する必要があります。

感覚の鈍さの経過について

剥離範囲が広かったためか今回は左小鼻脇の部分を中心に感覚の鈍さが出てしまいました。

眼窩脂肪を移動させる手術でときどき起こる感覚の鈍さに比べるとやや広めに出たため、眼窩脂肪の固定方法で出ている可能性が否定できないと考え、手術後3日目に左のみ固定方法を変えることをさせていただきました。

治療をさせていただいて2ヶ月くらい経ってから急に感覚の鈍さが回復してきて、3ヶ月の段階では10分の1程度の鈍さが皮膚表面ではないところにあるとのことでした。

術後3日目の左の再固定は意味があるかどうか悩みましたがわずかな可能性でもできることはさせていただく方針でそのようにさせていただきました。

今後、もっと回復してくると思います。
→術後一年の経過で「ほっとんど気にならないくらいになりました。」とのことでした。

 

治療を担当させていただきありがとうございました。