裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)の術後の腫れやダウンタイムについて

「裏ハムラ法のダウンタイムについて教えてください。」
「裏ハムラ法はかなり腫れますか?」

など目の下のクマ・たるみ治療の一つである裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)の術後経過のご相談を多くいただきますので、ここでは裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)+当院内部処理の腫れやダウンタイム、内出血などの経過についてお伝えしていきます。

裏ハムラ法について

裏ハムラ法の術後経過のご紹介

術前

術直後

術後4日目

術後1週間

術後2週間

術後1か月

術後3か月

術後6か月

裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)の術後の腫れ

経結膜的眼窩脂肪移動術を行った場合の目周りの腫れについてお伝えします。

術直後

手術直後

手術直後は目の下が白っぽく見えます。
これは麻酔の中の血管収縮剤の影響でそのようになります。
1~2時間後に白さは消失します。

通常は大きな腫れには見えませんが、ところどころ内出血の色がでることがあります。

術後4日目

手術後1週間まで

手術の翌日から翌々日をピークに目の下が腫れます。
手術後1週間まではかなり腫れます。

場合によっては上まぶたにも腫れが出ることがあります。

術後1週間

手術後1週間

手術後1週間で腫れのピークは越えていますが、まだ腫れが残っています。

人によってはまだかなり腫れていると感じることもあります。

実際、内出血など強く出ると手術後1週間でもかなり派手に見えます。

人によっては下まぶたの感覚の鈍さや硬さなどを感じます。

ここからさらに1週間すると大きな腫れ感が落ち着いたと思えてきます。

感覚の鈍さや硬さは数か月続きます。

術後2週間

手術後2週間

大きな腫れはほぼ落ち着いています。
が、移動させた眼窩脂肪や周辺の組織が部分的に腫れて膨らんで見えることもあります。

手術後2週間になるとほとんどの人は内出血の色が目立たなくなっていますが、内出血が強く出た場合には手術後2週間でもまだ色が残っていることもあります。

術後1か月

手術後1か月

見た目にはほぼ落ち着いたように見えることが多いですが、人によってはむくみの残りが微妙な凸凹感に見えることもあります。

術後3か月

手術後3か月

移動した脂肪も安定し、むくみがほとんどない状態となります。

移動をした脂肪などはまだ硬い状態です。

術後6か月

手術後6か月

手術後3か月のときからはそれほど変化はありませんが、むくみがなくなり、手術の結果を評価をできる時期になります。

裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)術後の内出血について

内出血は半分以上の人にでます。
手術後1週間ないしは2週間程度は普通にあります。
強く出た場合には3週間からもう少しかかることもあります。

両側に出ることもあれば片側だけ強く出ることもあります。

また、白目に内出血(結膜下出血)を起こすことがあります。
この場合、目が赤くなります。
結膜下出血がひくのにやはり1週間から2週間かかります。

下まぶたの裏を切開しているため、手術から間もない時期(特に48時間以内)はそこから出血をすることがあります。

見た目には涙に血が混ざって見えたり、目から血液が出ているように見えたりすることもあります。

自然でも止まりますが、慌てずにやんわりと目の下を押さえることで出血は止まります。

まれに手術後1週間以降でもでることがありますが、時間の問題で出なくなります。

裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)術後のダウンタイムの過ごし方、乗り切り方

ダウンタイム中の過ごし方

手術後からの過ごし方ですが、手術当日はゆっくり体を休めつつ保冷剤をハンカチでくるんだくらいの冷たいものなどで目の下を冷やすとよいです。

休むときは敢えてベッドに水平に横にならずに椅子に座っているくらいの方が腫れは出にくくなります。

冷却は3~4日程度意味があります。
4~5日目以降は術後の腫れのピークを超えてきますので当初ほどの意味はなくなってきます。

手術翌日以降も特に安静にしていないといけないというわけではありません。
通常通りの生活で問題ありませんが、顔を下に向けたり、いきむ動作は極力避けた方がよいです。
いきんだときに下まぶたの裏から出血することもあります。

ダウンタイム中の乗り切り方

ダウンタイム中はうまく隠す方法はありますか?と聞かれることがあります。

術後1週間はマスクまたはふちあり眼鏡で過ごされる方が多いです。

両方つけるとなおよいです。(環境がゆるせば。)

当院での治療の場合は術後3日間のテープ貼付をご案内しておりますのでマスクの方が隠しやすいです。
(テープが邪魔な場合は3日たっていなくても適宜外していただいてかまいません。)

よくあるご質問

ここでは経結膜的眼窩脂肪移動術後のダウンタイムに関するよくあるご質問をご紹介します。

いつから仕事に行けますか?

できれば4日目以降が望ましいです

手術の内容自体は手術翌日からデスクワークなどは可能です。

ただし、手術翌日はとても腫れていますので根性が必要になります。

できれば手術後4日目以降が良いと思います。

実際手術後に3日間休まれる方が最も多い印象です。

できれば腫れや内出血の出具合がつよい3日~4日は休めるとよいですが、それでもマスクやメガネがないと術後の状態は隠せていません。

ほぼほぼメイクだけで隠せるのは1週間以降と考えておいた方がよいでしょう。

ただし、個人差があり、強い内出血があると1週間でも完全に隠せないこともあります。

家族にばれますか?

一緒に暮らしているとばれます

毎日家で顔を合わせる環境であれば、確実に腫れているので心配されると思います。

1週間近くは相当腫れていると思った方がよいです。

心配される前にあらかじめ伝えておいた方が無難です。

男ですが周りにわかりますか?

メイクがしづらい分、女性より不利です

男性は女性と違って基本的にメイクができないので堂々と隠すしかありません。
多くの方は黒ぶち眼鏡やマスクでなんとか乗り切られています。
1週間は覚悟が必要です。

周りにあやしまれない良い言い訳はありませんか?

申し上げにくいですが・・・

「眼科で処置をしてもらった。」などが無難かと思います。

以前にバットが当たったという言い訳で乗り越えられた20代の女性がいらっしゃいました。

珍しいです。

裏ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)術後のダウンタイムに関するまとめ

目の下のクマ・たるみ治療の一つである経結膜眼窩脂肪術(裏ハムラ法)の術後の腫れや内出血の経過についてお伝えしました。

裏ハムラ法は目の下のクマ・たるみ治療としては腫れが強い手術だという認識が必要です。

環境は人それぞれですのでお仕事のスケジュールなどをみてご検討されるとよいと思います。