経結膜脱脂法の麻酔について

目の下の膨らみ取り(経結膜脱脂法)の手術はどのような麻酔方法で行いますか?

というご質問がありますので、経結膜脱脂法の麻酔の流れは様々ありますが、今回は一般的な麻酔方法および当院でおこなう経結膜脱脂法の麻酔方法を中心についてお伝えします。

経結膜脱脂法の一般的な麻酔方法の種類

経結膜脱脂法の麻酔法は一般的には点眼麻酔(目薬の麻酔)、局所麻酔、笑気麻酔、点滴麻酔を適宜組み合わせて行われます。

点眼麻酔(表面麻酔)

経結膜脱脂法では多くの場合、最初の麻酔として点眼麻酔(目薬の麻酔)を行います。
点眼麻酔を何回か行い、結膜の痛みをとった上で局所麻酔を行うと、より局所麻酔の痛みを軽くすることができます。

局所麻酔

経結膜脱脂法は局所麻酔で治療をすることができます。
通常は点眼麻酔によってある程度結膜の痛みをとっておいて、その上で瞼の裏の結膜に局所麻酔注射を行います。

局所麻酔によってほとんどの痛みはとれます。

点滴麻酔(静脈鎮静)

局所麻酔および手術の苦痛を減らすために点滴麻酔を同時にすることもあります。
当院では緊張をとる目的で鎮静麻酔を併用することが多いです。

点滴麻酔自体が不安と思われるかもしれません。
その点についてはあとで詳しく述べます。

笑気麻酔(鼻マスク麻酔)

あるいは笑気麻酔を同時に行うこともできます。
笑気麻酔はマスクなどで吸う麻酔です。
吸うとボーっとなります。

当院では主に3種類を併用します

当院では経結膜脱脂法の麻酔は点眼麻酔局所麻酔点滴麻酔の併用を行います。

点眼麻酔および局所麻酔で痛みをとり、点滴麻酔により局所麻酔や手術中の不安を取り除き、リラックスしながら手術を受けれるように工夫をしています。

点滴麻酔を併用することによって手術中にギューッと目を閉じて力が入るなどを防ぐことができます。

何よりも手術の苦痛度がうんと楽になります。

点滴麻酔(静脈麻酔)は手術中の確認ができない?

点滴麻酔をすると完全に寝てしまって、脂肪をどれくらいとった方がよいかなどが手術中に起きて確認できないのではないですか?

全くそのようなことはありません。

点滴麻酔をすると完全に寝てしまって、眼窩脂肪をどれくらいとった方がよいかなどが手術中に起きて確認できないのではないですか?

と思われるかもしれません。

美容外科医の中にもそのように思っている方もいらっしゃいます。

答えは「全くそんなことはありません。」

私は現に手術中はよく患者様と会話をしながら手術を行っています。

手術中に何度も体を起こさせていただいて確認、微調整を繰り返しています。

「点滴麻酔=完全に眠る麻酔」と思っているとしたら、それは麻酔方法を知らないだけです。

経験のある医師であればそのような心配はいりません。

また、点滴麻酔によって呼吸の状態が悪くなってしまうのでは?ということもまずありません。

ただ単に眠る状態にする麻酔をかけるのではなく、鎮静状態(リラックスしてボーっとした感じ)にする麻酔方法の経験が必要になります。

当院ではそのような方法で数えきれないほど毎日手術をしています。

笑気麻酔は原則つかいません

経結膜脱脂法の麻酔に笑気麻酔を併用することも一般的にはあります。

当院では笑気麻酔は原則使用しません。

経結膜脱脂法は20分~1時間弱くらいの治療で、その間笑気麻酔を行うと、中には気持ち悪かったり独特の不安感のような現象がでることがあるからです。

人によっては頭痛がでることもあり、その点、点滴麻酔では気持ち悪さや頭痛はまず起きません。

治療をスムーズに進めたいため、原則笑気麻酔ではなく点滴麻酔による鎮静を併用しております。

経結膜脱脂法の麻酔のまとめ

経結膜脱脂法の麻酔方法についていくつかご紹介させていただきました。

手術経験を重ねるほど麻酔方法の工夫も積みあがります。

参考になれば幸いです。

筆者紹介

著者
石川勝也
役職
プラストクリニック院長
資格
日本形成外科学会認定専門医
日本美容外科学会認定専門医(JSAS)

当院の治療について

アジア人のクマ・たるみ治療

目の下のクマ・たるみについて特に「形」に特化して治療を行っております。
(主に手術を検討している方)

PVアクセスランキング にほんブログ村