その他の症例をご紹介いたします

目元の治療に限らずその他、美容外科全般の様々な治療を同じくらいの情熱をもって行っております。

少しその他の症例紹介を載せさせていただきます。

切開ふたえ 目頭切開 鼻中隔延長術 鼻尖形成術(耳介軟骨移植) 鼻翼縮小術

まぶたは幅を広げない平行型のふたえを望まれておりました。

鼻は鼻先の団子鼻が気になるとのことでした。

まぶたに対しては切開によるふたえ術(切開重瞼術)および目頭切開(Z形成)を行っております。

鼻先は少しすらっとなればよいとのことでしたので当初、鼻尖形成術(耳介軟骨移植)および鼻翼縮小術を予定し、手術を行いました。しかし術中にどうしても鼻先が上向きになりそうでしたので鼻先を下げる目的で鼻中隔延長術を併用しました。鼻先の形は術中にご本人様に見ていただき、決めました。

治療を担当させていただきありがとうございました。

経結膜的腱膜固定術(ミュラー筋温存法)(皮膚を切らない眼瞼下垂症手術)

まぶたの開きが悪い状態に対して経結膜的腱膜固定術(ミュラー筋温存法)(=皮膚を切らない眼瞼下垂症手術の一つ)を行いました。

 

経結膜的腱膜固定術(ミュラー筋温存法=当院オリジナル)は国内でも特徴的な治療になります。本来、眼瞼下垂症手術は皮ふを切開して目を開ける筋肉の膜(挙筋腱膜)を瞼板に固定して目を開けやすくします。しかしながら、できれば皮ふを切開せずにそれができるといいのにという方への手術です。

その場合、まぶたの裏からアプローチしますが一般的には二通りのパターンです。一つは糸をまぶたの裏から盲目的にかけてギュッとまぶたの裏を縮める方法です。もう一つはまぶたの裏からアプローチをしてミュラー筋という筋肉と挙筋腱膜を瞼板から切り離して一部切除し、挙筋腱膜を瞼板に固定します。

前者は挙筋腱膜を瞼板に固定していないためかなりの可能性で戻ってしまいます。

後者は効果は従来の眼瞼下垂症手術のように目が開きますがミュラー筋などを瞼板から切り離したり切除したりと必要のない負担がまぶたにかかります。

当院ではミュラー筋を瞼板から切り離さず、切除もせずに瞼の裏から腱膜のみを確実に瞼板に固定するという、まぶたへの負担を最大限におさえたとても難易度の高い治療法(当院オリジナル=経結膜的腱膜固定術(ミュラー筋温存法))で多数行っております。症状があって切開をするのは嫌だという方には術後の腫れも少なく大変喜ばれる治療です。

 

術後は予定通り目が開けやすくなり、若返り効果を得られました。

下口唇のほくろも切除しております。

治療を担当させていただきありがとうございました。

(この記事は2013-07-13に記載しました。)

上まぶたのたるみ治療 眉毛下切開

上まぶたのたるみに対し眉毛下切開法によるたるみ切除をおこないました。

眉毛下切開は単純な手術のようで実は非常に奥が深い手術だと思います。

たるみを取った後に眉毛がどのように変化するかを術前に予測する必要があります。

通常の手術方法では眉毛のすぐ下の皮膚を取って縫い合わせるとたるみが取れるという表現になりますが、当院では皮膚と皮膚の下の組織でそれぞれ引き上げる方向を変える内部処理を行っております。

そうすることで、後戻りを少なく、皮膚の引きつれ感を最小にすることができます。

最初の2~3ケ月は傷痕が赤くなることがありますので、メイクのできる女性の方が受けやすい治療かと思います。

眉毛下切開法(眉下切開法)にかんしてはこちらも参考になるかもしれません。

治療を担当させていただきありがとうございました。

脂肪吸引(上下腹部 ウエスト 腰 背中 二の腕)

二の腕・上半身全体の脂肪吸引を行いました。

皮膚のゆるみなどを考慮し、一度脂肪吸引を行いましたが、もう少し吸引して欲しかったとのことでしたので2か月後に再度、脂肪吸引をさせていただきました。

お写真は2回目の吸引後、10か月になります。

吸引後も食事管理をしていただけましたのでラインをきれいに維持されておりました。

脂肪の部分痩せは医療でないと不可能です。その最高峰は脂肪吸引ということになります。

当院ではその他、脂肪溶解注射もよく行っております。

治療を担当させていただきありがとうございました。

豊胸(ヒアルロン酸)

ヒアルロン酸による豊胸術を行いました。 ヒアルロン酸による豊胸術は30分程度で終わるため、豊胸術の中では最もお手軽な方法です。 

当院ではその他、インプラント(人工乳腺)による豊胸術、脂肪注入による豊胸術も多数行っております。

治療を担当させていただきありがとうございました。

豊胸(インプラント) 50代

下垂乳房に対し、インプラントによる豊胸術を行いました。

今回はコヒーシブシリコン200cc(ラウンドタイプ)を脇の下から両胸に入れさせていただきました。

下垂乳房に対する豊胸術はそれ用の方法で行う必要があります。

治療を担当させていただきありがとうございました。

 

随時、更新中です。